今までより収納しやすくなり快適になった堺でのキッチンリフォーム

サイトマップ

果物があるキッチン

キッチンリフォームのメリットとデメリット

明るいキッチン

I型キッチンというのは、最もポピュラーなためキッチンリフォームでも、種類や価格も選択肢が多くなっています。キッチン全体に占める割合が、他のL型キッチンや対面型キッチンに比べるとスペースが狭いため、スペースに制限がある中でのキッチンリフォームにも対応しやすいのが特徴です。
この I型キッチンのメリットは、シンプルなデザインであるため、レイアウトがしやすいということです。キッチンリフォームを行うときにも、具体的なイメージを浮かべやすくなります。また、キッチンリフォームを検討する場合でも費用も安く抑えられるという魅力があります。少しでも、費用を抑えて依頼したい時にはこのタイプから選択をすれば、選択肢も多い上に選びやすくなるというメリットがあります。
一方、I型キッチンのデメリットは、実際に調理を行うときにあまりにも長くなってしまうと導線の観点からみて使いづらさが出て来る場合があります。そのため、あまり長すぎる配置は出来れば避ける方が賢明だと言えます。そして、もう一つ、複数人でキッチンに立つ場合には、交互に入れ替わるなどの工夫が必要です。これも、たとえば2人でキッチンに立つ場合、それぞれの導線が重なってしまうからです。
I型キッチンでリフォームを行う場合には、このようにあらかじめメリットとデメリットを十分に把握した上で検討するようにするのがおすすめです。

キッチンリフォームで救われた

堺で家を建てた時に、水周りの仕事を堺の建築会社指定の業者ではなく、無理を押してこちらの人間関係を重視して堺に住む知り合いの業者に頼みました。シンク下のパイプの穴が設計図とズレていたのか、10センチ程離れたところを塞いでありましたが、使用に困らねばいいかと思っていました。3年ほど過ぎた頃、シンクの水の流れが悪くなり、パイプのクリーニング剤を利用していましたが、とうとう詰まり、堺のの業者に見てもらいました。見てくれた作業員が、パイプが不自然に直角に曲がり、接続箇所が通常あるべき形になっていない。
奥さん!これは欠陥住宅やで!・・・と言いました。え?アンタんとこに頼んだんですけど?!・・・の言葉が言えず、なんとか直してもらって使っていました。やがてシンク下に水が溜まるようになり、床が落ち込んできて、床にシミができてきました。床板まで腐ったら困ると思っていたところ、ナメクジが上がってくるようになりました。
衛生的にも良くないし、気持ち悪いし・・・と思っていたところ主人の実家がキッチンリフォームし、オール電化になりました。コンロの掃除は楽だし、食器も吊戸棚を引けば収納できる。うっわ~お母さん、ええな~!と言ったら「アンタもキッチンリフォームしたらええやん。お金出したげるわ」母の弟が大工さんで、今行ってる堺の会社がキッチンリフォームを手がけているから、多少の値引きもあるとか。そのお申し出、有り難くお受けし快適に暮らしています。

キッチンリフォームは誰に相談するべきか

これから堺でキッチンリフォームをするかどうか迷っている人は多いでしょう。そのような人は誰にキッチンリフォームについて相談すればいいのか分からない人が多いと思います。だから、キッチンリフォームをするときに誰に相談すればいいのかはっきりさせておいたほうが良いのです。
では誰に相談すればいいのかということですが、一番に考えられるのは、キッチンリフォームを行っている堺のリフォーム会社の職員です。やはり、キッチンリフォームを行っている堺のリフォーム会社の職員であれば、基本的なキッチンリフォームの知識は知っているのです。だから、気兼ねなく相談できる存在だと言ってもいいのです。
次に考えられるのは、1級建築士です。1級建築士というのは、国家資格であり、難関資格の一つとして知られています。1級建築士を持っているような人であれば、キッチンリフォームについてもかなりの知識を持ちあわせていると言ってもいいのです。そして1級建築士の場合には、国家資格であるので国からお墨付きをもらっているような存在だと言ってもいいのです。だから、1級建築士にキッチンリフォームを相談しても、信頼できるので何でも質問ができる点が魅力的だと言えるのです。

Copyright © 2016 今までより収納しやすくなり快適になった堺でのキッチンリフォーム All Rights Reserved.